新幹線ツアーでスキー・スノボに行くメリット


スポンサーリンク

新幹線移動の快適さ

なんといっても、新幹線でスキー・スノボに行くメリットは、移動の大半を新幹線で過ごすことから来る快適性です。

スキー・スノボ旅行は出発日から滑りたいので、早朝出発が通常ですが、多少眠くても新幹線に乗って弁当でも食べて、後は1時間以上ぐっすり眠れます。

なにより、帰りの新幹線で1時間強ぐっすり安眠できるのは非常に大きいです。

結構スキー・スノボは体力を消耗し、帰りの道中はぐったりしていることが多いですが、社会人の多くは次の日朝から仕事の場合が多いですから、帰りの道中でさらに疲れるか、快適に回復に努められるかは、非常に大きいです。

また、寒い中の長距離バスだと、どうしてもトイレの心配があったりしますが、新幹線の中であれば気にせず、コーヒーを飲んだりお酒を飲んだり、リラックスできます。

予定が固定される

個人的にはこれが超大きい。

びゅうプラザの窓口で、旅行を予約した時点で、予定の詳細が自動的に決まります。

まず、パンフを見ながら日程、人数、希望宿を伝えて空きがあれば予約。

スポンサーリンク

続いて、時刻表を見ながら、ローカル線や路線バスとの乗り継ぎを確認しながら新幹線の席予約。ローカル線の時刻表等はその場でコピーをくれる。

さらに、スキー・スノボ旅行の場合だと旅館の送迎を予約することが多いですが、往路の迎は、到着時間を確認しながらその場で電話して予約してくれます(復路の送迎はチェックイン時やチェックアウト時に決める旨も伝えてもらう)。

そして、お会計をすれば、基本的に旅行の詳細はすべて決まります。自分であれこれ調べるより、プロと一緒に一気に最後まで詰めた方が圧倒的に効率的です。

また、荷物が多くなるので、新幹線は出来れば最後列か最前列を取りたいので、椅子に座りながらあーだこーだやるのが合理的です。

料金が安い

これは意外に知らない人が多い。

JRのスキーツアーはめちゃくちゃ安いです(その代り、年末年始、連休、土日等詳細に価格設定が変わる)。

日帰りなら、往復新幹線指定席+リフト1日券がセットで1万円を切る商品なんてたくさんあります。

1泊2日でも、往復新幹線指定席+宿泊代(朝食と夕食付)+リフト1日券で3万円前後がほとんどで、2万円台もたくさんあります。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です