JR新幹線ツアーで行ける初心者におすすめのスキー場1:ガーラ湯沢

スポンサーリンク

はじめに

この記事のシリーズでは、JRの新幹線ツアーで行ける、スキー・スノボ初心者にお勧めのゲレンデを、この順番で行くと楽みながらレベルアップできるのではないかと思う順番で紹介していきます。

まずは、初めてスキー・スノボをするには絶対にお勧めのGALA湯沢です。

ここは、悪名も高かったりしますが、利用方法と時期さえ間違えなければ、利便性が欠点の全てを補って余りあるスキー場です。

基本情報

公式サイト

こちら

コース情報


公式サイトから抜粋

アクセス

上越新幹線GALA湯沢駅から0分
東京駅-GALA湯沢駅間は約80分

主要リフト券の値段(大人)

1日券 4600円
午前券 3400円
午後券 3700円
詳細はこちらのリンク(公式サイト)

なぜ初心者にお勧めか

GALA湯沢が初心者にお勧めの理由は非常にシンプルで以下の4つです。

アクセス抜群でとにかく便利

GALA湯沢といえばこれに尽きます。新幹線の改札出たらそこがスキー場です。
初心者にとっての初スキー・スノボは転んでばっかりだったり、山の低いところにある同じコースを繰り返し滑ったりと、そこまで楽しくなかったりします。

それに加えて重い荷物をもっての電車やバスを乗り継ぐ長時間の移動なんかは苦痛でしかありません。

その結果、友人に付き合って何回か行ったことあるけど、スキーやスノボは好きじゃないという人は意外に多いです。

しかし、やっていればそのうち楽しくなってくるので、スキー場までの移動といったところの負担を理由に、スキー・スノボを嫌いになるのはもったいないです。

交通の便の悪いところに行くのは、その先にあるスキー場に魅力を感じるようになってからで十分で、最初は、新幹線でさっと行って、さっと帰ってくるのが余計なストレスが無くて良いです。

ロッカールームが快適

GALAは改札出たらすぐにスキーセンターがあり、奥に広くて快適なロッカールーム(更衣室)があります。

慣れてくると着替え等は手際が良くなってくるのですが、最初の内は時間がかかったり、必要なものをロッカーの中に忘れてきたりします(帰りの新幹線の時間をスマホにメモり忘れたり)。

この点ガーラ湯沢のロッカーは、当日中であれば何回でも開け閉めできますから、忘れものをしてもまた戻って取り出せばよいだけで、非常にユーザーフレンドリーです。通常のコインロッカーはこうはいきません。

また、GALAの更衣室は広くて非常に快適です。

レンタルが高品質

最初の内はレンタルを利用する人も多いと思います。

実際に最初の何回かレンタルを利用するのは非常に合理的で、自分で買うにしても、ある程度経験があったほうがスムーズにウェアや道具を選べます。

しかし、レンタルというのは、一昔前であれば、一目でレンタルとわかるようなボロくてダサい物しか貸してくれませんでした。しかも、部屋の奥に積んである中から適当に貸し出すといった感じで、保存状態も含めて質の悪いものばかりでした。

さらに、板やブーツ等はまだしも、ウェアのレンタルなんてひどくて、修学旅行の中学生とかでなければ利用するのが恥ずかしいようなデザインの代物でした。

実はいまだにそういうスキー場も多いので、レンタルはそこが怖いのですが、GALAのレンタルは本当におしゃれで良いものを貸してくれます。

十年以上前にスキー・スノボをしたことある人は時代の流れを感じると思います。

あんな良いものを貸してくれるのであれば、道具やウェアの好みや良し悪しが分かるまではレンタルする方が合理的とも思えます。

スクールが安い

これも大きいです。

スキーにしろスノボにしろ、最初はスクールに入ったほうが良いです。

一緒に行く友人が自分が教えるからスクールなんていらないといっても、最初はスクールに入ったほうが良いです(うまい人はみんなスクールを勧めますが)。

全く初めての初心者向けの2時間レッスンが3000円は安いです。

最初の内はリフトの乗り方やこけ方等の基本を教わるだけですから、どこのスクールでも内容は同じようなもので、安いに越したことはありません。

初心者向けのレッスン卒業後のグループレッスンも2時間2590円(びゅうで予約したとき)は非常に良心的です。

レッスンは、4時間コースにするとどこのスキー場でも同じような価格なのですが、4時間レッスンというのはほとんど1日レッスン漬けで、自由な時間が取れませんからあまり利用することはなく、午前の2時間だけレッスンを受けたりするのが通常だと思います。

2時間レッスンをお得にしているのは非常に良心的だと思います。

エンターテイメントとジジ

GALA湯沢にはゲレンデのど真ん中にエンターテイメントとジジという、練習用には丁度良いコースがあります。決して広いコースではありませんが、幅も長さも十分で、斜度も初中級者のレベルアップには丁度良いです。

GALA湯沢は決して滑りがいのあるゲレンデとは言えないのですが、この2つのコースがあるので、練習を目的としたスキー・スノボ旅行や一人練習にはなかなか良いゲレンデだと思います。

あれこれ行くとわかるのですが、なかなか、脱初心者向け練習にとって丁度良いコースというのはないです。

短所

GALA湯沢の短所は非常にわかりやすいです。

混雑がひどい

率直に言って、2月はGALA湯沢にいかないほうが良いでしょう。土日だけでなく中旬は平日もやめておいた方が良いかもしれません。

便利で安いから当然ですが、2階建ての上越新幹線がシャトル便となって、続々と大量の客を運んできます。さらに最近では外国人観光客も増えています。

しかし、そもそもGALA湯沢は規模で言うと結構小さいスキー場なので、混雑時の客数を収容できるようにはできていません。

改札を出た直後のチケットカウンターから、身動きできないくらいの混雑が始まります。

そして、GALAの混雑を語る上で、ゲレンデの構造は避けられません。

GALA湯沢というのは、改札出たらすぐスキー場というのは間違いではありませんが、正確には、改札出たらすぐにスキーセンターがあるというだけです。

ゲレンデ自体は山の上にあるので、全員ゴンドラに乗って山の上に行く必要があります(下山コースはある)。

そして、混雑時はこのゴンドラが混みます。ゴンドラが混むようになると、着替え終わってからゲレンデに行くにも、滑り終わって下山するにも、長時間待つことになります。

2月の繁忙期は、レンタルステーション(ここはレンタルの質が良いのでレンタル利用者が多い)とゴンドラの混雑はかなりやばいレベルで、WEBで事前申し込みを済ませていないレンタル利用者なんかは、改札出てから滑り始めるまでに2時間くらい平気でかかるかもしれません。

他にも、レストランの混雑や、コース自体の混雑、そもそもスキー場が広くないのでコースも狭いことを考えると、2月のGALAは最悪の域です。

直ぐ近くにいいスキー場はたくさんありますから、そっちに行った方が良いです。

関連記事
JR越後湯沢駅からシャトルバスで行ける近くのスキー場ガイド

大きくない

また、そもそもGALA湯沢スキー場は比較的小さなスキー場です(もちろん、比較の問題ですが、来客数や知名度から想像されるようなスキー場ではありません)。

しかも小さな山に無理やりコースを作ったようなところもあるので、狭いコースも多く、滑っていて楽しいコースというのはあまりありません。

「気に入ったコースを繰り返し滑って練習」には良いですが、その真逆で、コースを片っ端から滑るような形でスキー・スノボを満喫したい人には向かないスキー場です。

特に、ゲレンデマップだけ見ると、初級コースがたくさんあるように見えますが、本当に初心者向けの大きな緩斜面のコースが無くて、どれも短いか(これがすごい混む)、狭い部分が多いかのどちらかになってしまいます。

初心者向けのコースとして、エンターテイメントという練習用には良いコースがあるのですが、初中級レベルになってしまうので、広くて長い緩斜面のコースがほしいところ。これがないせいで、本当に初めてではなく、一人で降りてこれる数回目の人にとって、滑っていて楽しいコースがない。

なお、下山コースは、初中級者向けと書いてありますが、ところどころに、狭くてちょっと急な斜面があるので、中級コース扱いにしたほうが妥当なコースです。

もっとも、中級コースに問題なく入っていけるのであれば、それなりに楽しめるスキー場ではあると思いますが、やはり、利便性が特徴のスキー場です。

レストランがひどい

これは蛇足ですが、GALAはアメニティ充実の次世代型スキー場としてやってるのでしょうから、センターにある大きなレストランの質はもう少し上げていただきたい。

いわゆる学食のような大食堂でクオリティは低いですが値段はかなり高く、いわゆるスキー場の食堂です。

まとめ

今回は、初心者にお勧めのスキー場として、GALA湯沢を取り上げました。

ここは、賛否両論あるスキー場ではありますが、その利便性が全ての欠点を補って余りあるスキー場です。

山を楽しむという目的には合いませんが、スキー・スノボ始めてみたいとか、一人でこっそり練習といった使い方にはぴったりのスキー場です。

個人的には、一番乗りを目指して早朝出発し、8時過ぎから滑り始め、昼過ぎには帰宅の途につく午前GALAがお勧めです。

スポンサーリンク