スキーやスノ―ボードのインナーにヒートテックはありなのか


はじめに

この記事では、スキーやスノボ旅行に行く予定があって、準備をしなくてはいけないのだけど、インナーってユニクロのヒートテックやイオンのピースフィットじゃダメなのかという疑問を持っている人向けに解説したいと思います。

結論から言うと、ヒートテックなどの街用インナーは、素材的に難ありなのですが、現実的にはレジャーレベルではおそらく問題にならないと思います。

スキーやスノボ用インナーに求められるもの

スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツ時の問題点は以下の2つです。

1.寒い中で運動して汗をかくという点
2.朝・昼・夕方とコンディションが変わる点

この2つを考慮したときに、一番避けなくてはいけないのが、保温性を考慮しすぎて、日の射している昼頃に汗まみれになって、インナーが湿ってしまい、夕方以降汗冷えするという事態です。

そして、ウィンタースポーツの経験がない初心者はどれくらい寒いのかと不安になりますが、専用のスノージャケットとスノーパンツを着れば、防風性と防水性が高いので、体周りは密閉され、何より動いているのでかなり暖かいです。

したがって、保温性はそこまで心配しなくても大丈夫で、むしろ昼や激しく動いたときなど、かならず汗をかく場面が来ますから、その時に備えて速乾性の高いインナーを着ておくことになります。

街用インナーの問題点

ユニクロのヒートテックやイオンのピースフィットは暖かいです。

何故暖かいかといえば、ヒートテックであればレーヨン、ピースフィットであれば綿、といった水と親和性の高い繊維が使われているからです。

つまり、日常生活では、どんなに寒くとも体温で蒸発した汗が水蒸気として発生していて、それらをレーヨンや綿が吸って、水和熱が発生するから、ヒートテックやピースフィットは暖かいわけです。

ヒートテックやピースフィット愛用者の中には、冬の外出時に、レストランにはいって食事を始めると、どんどん暑くなってきた経験がある人もいるかと思いますが、あれは汗をかけばかくほど発熱する仕組みになっているからです。

しかし、運動時は水蒸気レベルではなく、玉のようなとまではいかないにせよ、液体レベルで汗が出ます。

その時に、水との親和性の高い繊維素材が問題になり、それはそのまま速乾性が低いという事態を引き起こし、汗冷えにつながってしまうわけです。

もちろん、ヒートテックなどの街用インナーも速乾性をうたっていますが、素材自体が親水性という点で、スポーツ時に耐えられるような速乾性は持っていません。

その点、スポーツ用インナーというのは、ポリエステルなど化学繊維100%がほとんどで、これは、疎水性の繊維を織り込むことでミクロレベルでの隙間を繊維内に作り、毛細管現象で汗をどんどん吸って、そのままインナーの外に放出することを目指しているからです。

そして、水和熱で発熱したりはしないのですが、裏起毛にしたり、コンプレッションでフィット感を増すことで体周りの暖かい空気の対流を抑えて、保温性を出そうとしています。

今は、化学繊維ベースの機能性インナーもかなり暖かいので、速乾性を犠牲にすることで保温性を高めた街用インナーより、速乾性と保温性の両立を目指しているウィンタースポーツ用のインナーがおすすめと言えます。

とは言え困らない

といいつつ、ヒートテックやピースフィットでも実際には大して困りません。

なぜかというと、レジャーレベルのスキーでは、以下の3つが言えるからです。

1.暑いときはファスナーを開けて温度調節できる。
2.吹雪いたときは汗まみれにはならない。
3.昼食は暖かい食堂で薄着になれる。

レジャーレベルであれば、暑いときは=天気がいい時なので、ジャケットのファスナーと開けたりして風通しを良くすれば、汗まみれになることはありません。

また、吹雪いたときは、ファスナーは開けられませんが、その分冷え、初心者であれば吹雪の中で汗まみれになる程の運動量はないです。

さらに、休憩は食堂などで薄着になれるので、汗かいてもある程度は乾きます。

これが冬山登山とかになると話は別で、強烈な吹雪と寒さな中でも過酷な登山をするのでジャケットの中は汗まみれになり、しかも休憩時も極寒の中にいるので、インナーの速乾性は命取りになりますから、汗を吸ったら乾きにくいレーヨンを採用したヒートテックはさすがに問題です。

もちろん、かなり高い保温性も必要ですから、保温性最優先でメリノウールにするか、速乾性最優先で化学繊維にするかという、論争が尽きませんが、いずれにせよ、ゲレンデでのウィンタースポーツとは次元が違う世界です。

したがって、ゲレンデでのスキーやスノボにおいて、ヒートテックやピースフィット着ても大して問題にならないと思います。

特に、薄手を2枚持って行って、場合よっては2枚重ねなんて言うのが良いかもしれません。

終わりに

スキーやスノボ用のインナーとしてヒートテックやピースフィットはありかという疑問について解説してみました。

ウィンタースポーツとして考えたときに素材的に問題はあるのですが、なんといっても食堂で休憩できるし、吹雪いている中でも汗まみれになるほどの運動量はありませんから結論として問題ないということになります。

もっとも、今は冬用の機能性インナーもヒートテックなどと大して変わらない値段で買えますから、積極的に購入する必要はないです。

<スポンサーリンク>
スキー&スノーボード特集 びゅう